お詫びと訂正:JiMiN SiMiN25号 1面の否決された協定書 区割り案5区案の住之江区の東部地区が南区に入っていました。また、新たな特別区素案の6区案は、第4区此花区・港区・西区・大正区、第5区中央区・浪速区・西成区・住吉区・住之江区の誤りでした。6区案Aと6区案Bは、第4区・第5区において同じ区割りになっています。訂正してお詫び申し上げます。
※こちらをクリックして頂くと拡大で、ご覧いただけます。
12月12日本会議でのサンフランシスコ市関連議案の審議状況をお知らせします
サンフランシスコ市における
慰安婦像及び碑文の受け入れ並びに慰安婦の日制定に関する意見書(案)
可決
 サンフランシスコ市議会において、2015年9月22日に慰安婦の像の設置を支持する決議案が可決し、本年9月22日に、サンフランシスコ市の民有地に慰安婦像及び碑文が設置され、報道によれば10月16日にはその土地が公有地となった。
 さらに、11月14日のサンフランシスコ市議会にて、議案171070「寄付収受と歳出-慰安婦正義連盟-芸術作品の寄付と「慰安婦の」強さの柱と題された芸術作品の維持にかかる基金-寄付評価総額39万8千ドル」が採択され、この採択に対し、11月22日にサンフランシスコ市のエドウィン・M・リー市長は承認する文書に署名をした。
 慰安婦問題に関しては、2015年12月に日韓両政府において、日本が多くの女性の名誉と尊厳を傷つけたとして責任を表明し、この問題を最終的かつ不可逆的に解決すること、そして、今後国際社会において互いに非難・批判することを控えることで合意したところである。
  過去の歴史的事実を直視し、普遍的な価値を持つ女性の尊厳と人権が戦場においても守られる世界を目指すための活動は大いに取り組むべきである。
 しかしながら、サンフランシスコ市において慰安婦像及び碑文を設置し、それに合わせて慰安婦の日を制定したことは、2015年の日韓合意の精神を傷つけるものであると言わざるを得ず、姉妹都市である本市としても大変遺憾であり看過できるものではない。
 国においては、安倍首相の「サンフランシスコ市長に対して、24日までに拒否権を行使するよう申し入れを行いました」との国会答弁にもあるように、これまでも国としてもサンフランシスコ市に対しての取り組みを進めてきた。
  よって国におかれては、慰安婦像の公有地からの撤去並びにサンフランシスコ市で制定された慰安婦の日の廃止に向けて、継続的に取り組まれることを強く要望する。
   以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
サンフランシスコ市における
慰安婦像及び碑文の受け入れ並びに慰安婦の日制定に対する反対決議(案)
可決
 サンフランシスコ市議会において、2015年9月22日に慰安婦の像の設置を支持する決議案が可決し、本年9月22日に、サンフランシスコ市の民有地に慰安婦像及び碑文が設置され、報道によれば10月16日にはその土地が公有地となった。
 さらに、11月14日のサンフランシスコ市議会にて、議案171070「寄付収受と歳出-慰安婦正義連盟-芸術作品の寄付と「慰安婦の」強さの柱と題された芸術作品の維持にかかる基金-寄付評価総額39万8千ドル」が採択され、この採択に対し、11月22日にサンフランシスコ市のエドウィン・M・リー市長は承認する文書に署名をした。
  慰安婦問題に関しては、2015年12月に日韓両政府において、日本が多くの女性の名誉と尊厳を傷つけたとして責任を表明し、この問題を最終的かつ不可逆的に解決すること、そして、今後国際社会において互いに非難・批判することを控えることで合意したところである。
  過去の歴史的事実を直視し、普遍的な価値を持つ女性の尊厳と人権が戦場においても守られる世界を目指すための活動は大いに取り組むべきである。
  しかしながら、サンフランシスコ市において慰安婦像及び碑文を設置し、それに合わせて慰安婦の日を制定したことは、2015年の日韓合意の精神を傷つけるものであると言わざるを得ず、姉妹都市である本市としても大変遺憾であり看過できるものではなく、本市会としては明確に「反対」するものである。
  以上、決議する。
サンフランシスコ市との姉妹都市交流を継続することを求める決議(案)
否決
 11月14日のサンフランシスコ市議会にて、議案171070「寄付収受と歳出-慰安婦正義連盟-芸術作品の寄付と「慰安婦の」強さの柱と題された芸術作品の維持にかかる基金-寄付評価総額39万8千ドル」が採択された。
 この決議に対し、11月22日にサンフランシスコ市のエドウィン・M・リー市長は、同市が同市議会の採択を承認する文書に署名をした。これを受けて、吉村市長は「信頼関係は完全に破壊された」と大阪市とサンフランシスコ市との姉妹都市解消を表明されている。
 慰安婦像の設置については、政府が「極めて遺憾、誠に残念」と態度を鮮明にしており、大阪市としても大変遺憾であり到底受け入れできるものではなく、国と連携し撤去を求めていかなければならない。
 もとより慰安婦像問題と姉妹都市関係とは別のものである。慰安婦像問題については、基本的には2015年12月に日韓両政府における日韓合意に基づき、国において対応している外交課題である。政府としても引き続き取り組みを進めるとのコメントがあったように、現在も様々な取り組みを行っている。国における取り組みは地方自治体では計り知れない困難なものがあり、地方自治体の行為によって外交交渉に影響を与えることはあってはならない。
 一方、アメリカのアイゼンハワー元大統領が姉妹都市プログラムの設立の際に「世界の人々は皆平和を望んでいるとの仮定に立つならば、人々がいかに団結し、政治の枠組みを超えて、互いに理解し合う方法を数多く見出していくのかが課題となると説いた。」と言われているように、姉妹都市関係というものは政治の枠組みを超えた交流であり、政治の都合で解消すべきものではない。
 ましてや、大阪市にとって最も長い60年の姉妹都市の歴史のあるサンフランシスコ市との交流関係を時の首長の判断で断ち切ってしまうことは、過去に対しても未来に対しても大きな損失となる。我々には、両市が1957年の提携以来構築してきた友好関係を未来世代につないでいく責任もある。
  よって本市会は、大阪市として慰安婦問題の解決に向けて引き続きサンフランシスコ市との対話を進める上でも、大阪市の国際的な立場を弱体化させないためにも、姉妹都市としての交流を継続することを強く求めるものである。
   以上、決議する。