議会報告

【大阪市会withコロナ②】

【大阪市会withコロナ②】コロナ感染拡大については、少し落ち着きをみせ社会経済活動も回復しつつあるようにも見えますが、その一方でコロナ禍による影響も顕在化してきています。日々、変わることのない市政における諸課題も含めて、政治的な空白ができることのない様に議論を尽くして参

議会報告

【大阪市会withコロナ①】

【大阪市会withコロナ①】9月~12月市会定例会がスタートしています。感染拡大防止対策を実行しながら社会経済活動を合わせて前へと進めていくにあたっての課題、コロナがもたらした大阪市政への影響・・・切れ目のない議論で大阪市政を動かしていく必要があります。<9月17日 

広報

【大阪市政改革の起点】

【大阪市政改革の起点】「大阪市は職員数5万人。横浜市は3万人。」確かに嘗て、そういう時代はあった。しかし、過去の大阪市から今を導く、大阪市政における大ナタを振るっての改革がスタートしたのは橋下市政からではない。まず、財政面から平成14年の磯村市長において財政非常事態宣

広報

【都構想が良くなったってホンマ??】

【都構想が良くなったってホンマ??】『JiminSimin31』解説ピックアップ第二弾。この一年間の法定協議会議論を通じて、様々な条件が出されて、特別区制度案が良くなったという主張があります。果たして本当にそうでしょうか?とりわけ、示された4つの条件に対して改善が

広報

【正しく知れば答えはNO!】

【正しく知れば答えはNO!】自民市議団広報誌JiminSimin vol.31を9月4日の新聞折込を皮切りに配布させて頂いております。その中での「都構想Q &A」と題して、市民の方々からの素朴な御質問にお答えしています。実は、大阪市当局のホームページにも、同じような記

議会報告

【再び住民投票へ】

【再び住民投票へ】 本日、9月3日の大阪市会本会議において「特別区設置協定書の承認」および関連案件が、維新・公明の賛成多数で可決となりました。 自民大阪市議団は、川嶋広稔(東成区)議員より下記のとおりの反対討論を行い、反対を致しました。 協定書の内容については…1

議会報告

【特別区の杜撰な未来を描いた財シミュ】

【特別区の杜撰な未来を描いた財シミュ】8月31日の財政総務委員会。住民投票に向けての補正予算、ならびに特別区設置協定書の議案は、維新・賛成により可決となりました。最終9月3日の本会議にて、議決の予定となりますがコロナ禍にあって11月1日(議決から60日以内)の住民投票が現

議会報告

【大きなリスク】

【大きなリスク】一度やったら二度と戻れない「大阪市の廃止」なのです。その重みを踏まえて、どのようなリスクがあるのかを事前にチェックするのは当然のこと。しかし、委員会質疑では、改めて「大きなリスク」については何ら住民に説明することもなく住民投票が実施されようとしている現実に

議会報告

【やってみなけりゃ分からない!?】

【やってみなけりゃ分からない!?】特別区設置協定書は、現場の声を反映させて作成されたものではない。「住民投票で賛成多数となれば、設置準備期間中に細やかな検討、調整を進めていく」模範解答の役人答弁は、「やってみないと分からない」と答えているに等しい。しかし、明らかに少なく見

議会報告

【都構想を推進する巨大な壁】

【都構想を推進する巨大な壁】先日の代表質疑を受け、議論の舞台は常任委員会に。9月3日の採決に向けて質疑が展開されます。『都構想を推進することが使命』そんな認識を持っている巨大な組織、副首都推進局と対峙しなければならないことが明確になった今日。5年前も首長は都構想推進派の維