【平成29年12月12日 本会議】

【平成29年12月12日 本会議】

自民市議団提案の
「サンフランシスコ市における慰安婦像及び碑文の受け入れ並びに慰安婦の日制定に関する意見書」(案)
「サンフランシスコ市における慰安婦像及び碑文の受け入れ並びに慰安婦の日制定に対する反対決議」(案)
賛成多数で可決

 本日の大阪市会本会議をもって、今年の大阪市会、9月~12月市会は閉会となりました。
 議案に対する可否決の状況については、後にアップされる大阪市会のホームページに委ね、意見書・決議案についての自民市議団からの討論を掲載いたします。

 複数の意見書・決議案が上程された本日の本会議、サンフランシスコ市における慰安婦像関連の決議について、以下の通り、永井政調会長より賛成討論をしております。

  =======================

jimin12.13 私は自由民主党・市民クラブ大阪市会議員団を代表しまして議員提出議案28号「サンフランシスコ市における慰安婦像及び碑文の受け入れ並びに慰安婦の日制定に関する意見書案」、 第30号「サンフランシスコ市における慰安婦像及び碑文の受け入れ並びに慰安婦の日制定に対する反対決議案」、 第33号「サンフランシスコ市との姉妹都市交流を継続することを求める決議案」に対して、賛成の立場から討論をさせていただきます。
まず、私たちはサンフランシスコ市おける慰安婦像および碑文の受け入れ及び、慰安婦の日制定に対しては明確に反対を表明いたします。
その理由ですが、慰安婦問題に関しては2015年12月に日韓両政府において日本が多くの女性の名誉と尊厳を傷つけたとして責任を表明し、この問題を最終的かつ不可逆的に解決すること、そして今後、国際社会において互いに批難・批判することを控えることで合意されました。
過去の歴史的事実を直視し、普遍的な価値を持つ女性の尊厳と人権が戦場においても守られる世界を目指すための活動は大いに取り組むべき事は当然のことであります。
しかしながら、サンフランシスコ市において慰安婦像および碑文を設置し、それに合わせて慰安婦の日を制定したことにつきましては、2015年の日韓合意の精神を傷つけるものであると言わざるを得ず、姉妹都市である大阪市としても大変遺憾であり看過できるものではなく、サンフランシスコ市に撤去を求めたいと考えます。故にこの反対決議に賛成を致します。

次にこの問題の解決に向けては、我々は姉妹都市を解消するのではなく、姉妹都市としての交流を続けながら、取り組むべきと考えます。他都市の例を申し上げますが、福岡市においても姉妹都市である韓国、釜山市の日本総領事館前に設置された慰安婦像に関し、年内にも市幹部を派遣し、懸念を伝えると正式に発表されました。両市の折衝の経緯をたどりますと、当初は日本側の反発を軽視していた釜山市側が福岡市の度重なる懸念表明によって徐々に認識を改めていったというように、姉妹都市としての関係があるからこその、釜山市の変化があったのだと思われます。

そもそも世界中で姉妹都市プログラムが始まった際の理念は、アメリカのアイゼンハワー元大統領が「世界の人々は皆、平和を望んでいるとの仮定に立つならば、人々がいかに団結し、政治の枠組みを超えて、互いに理解しあう方法を数多く見出していくのかが課題となる」と説いた。と言われています。姉妹都市は政治の枠組みを超えた交流であり、政治の都合で解消すべきものではありません。 我々には両市が1957年の提携以来構築してきた友好関係を未来世代につないでいく責任もあるのです。    
以上のような理由から私たちは姉妹都市としての関係を維持しながら、相手の耳の痛いことも言い続けることができる関係を継続していくべきと考えます。

次にこの問題の解決に向けては、国との連携は欠かせないものと考えます。
その理由ですが、そもそも慰安婦像問題はサンフランシスコ市だけでなく、全米に広がりつつある状況にあり、政府(外務省)としても取り組みを進めている事案です。特に昨今の北朝鮮問題など東アジアの安全保障上の課題を考えると、日米同盟をより強固なものにしなければならない状況において、国における取り組みは地方自治体では計り知れない困難なものがあり、地方自治体の行為によって外交交渉に影響を与えることはあってはなりません。大阪市としては60年の歴史を積み重ねてきた姉妹都市交流を通じ、我々の考えを理解いただけるように、政府と連携をとりながら進めていくものであると考えております。
よって、国に対しても、しっかりと我々の考えを伝えるべく意見書の提出も必要であると考えています。

以上のような理由から、大阪市として慰安婦問題の解決に向けて引き続きサンフランシスコ市との対話を進める上でも、大阪市の国際的な立場を弱体化させないためにも、姉妹都市としての交流を引き続き継続することを強く求める本決議及び、サンフランシスコ市における慰安婦像及び碑文の受け入れ並びに慰安婦の日制定に関する意見書に賛成することを申し上げて討論とさせていただきます。