【平成29年9月21日 委員会報告】

【平成29年9月21日 委員会報告】

≪建設消防委員会≫
付託案件については、全て全会一致で可決。
議題外で、太田晶也委員より質疑がありました。
◆太田 晶也 委員(福島区)

台風18号に対する危機管理について
9月17日午前、大阪市内において警報が出ているにも関わらず、岸和田のだんじり観覧し飲酒されていた吉村市長。勿論、法的に問題ある行為ではないにしても、道義的に問題があるのではないか。委員からの指摘に対して言い訳に終始された市長。本当に、大阪市政のトップ・市民の代表としての意識があるのであれば、警報が出てる最中に市外で遊興に時間を費やすなど考えられない事であると感じるのですが、残念です。

≪教育こども委員会≫
付託案件や請願・陳情に対する質疑もありましたが、自民党・市民クラブ大阪市議団から議題外で森山よしひさ委員、荒木肇委員より質疑がありました。

◆森山 よしひさ 委員(浪速区)
教育委員会顧問の採用と政治活動について
元東淀川区長が教育委員会顧問に就任。異例の採用に対して、その経過及び顧問の位置づけなどについて確認がなされました。教育長からの注意を要するような事態があったことを深く受け止めておかねばなりません。

◆荒木 肇 委員(都島区)
公募校長の任期更新について
大阪市においては、行政区の区長が教育委員会事務局の「区担当理事」として、担当事務について事務局職員に指示して執行することとなっています。このことは悪い事ではないのですが、区長の行き過ぎた教育への介入になっていると思われる事案が発生していたのです。今後とも、注意が必要な事例です。