【平成29年5月23日 財政総務委員会質疑報告】

【平成29年5月23日 財政総務委員会質疑報告】


【平成29年5月23日 財政総務委員会質疑報告】
<法定協議会設置に関する案件および関連する陳情書について>
川嶋広稔(東成区)委員

・法定協議会規約に賛同することの意義
  法定協議会規約に内在する課題
 (結局、協定書を作ることを目的とし、住民投票に向かう協議会である)

・どのようなバージョンアップが想定されるのか
  市長からの具体的な答弁は一切なし
 (結局、「やりたいからやる」という手段が目的化したかのような都構想議論?)

・総合区も議論するという規約改正がなされているが
  総合区は特別区との比較で議論されるだけ
 (結局、総合区の案が法定協議会で議論されていくわけではない)

当該議案に関しては、結局、維新・公明などにより賛成多数で可決となりました。
26日の本会議にて、最終議決となります。

 是非とも、質疑の詳細を大阪市会ホームページなどからご確認頂ければと思います。
 如何に不毛な協議会議論がこれから始まろうとしているか?あの時の住民投票は一体なんだったのか?あの時の法定協議会での議論はどうだったのか?

 また、市民お一人お一人に問われる時がくるやもしれません。 
 しっかり注目を頂きます様に、お願い致します。