市政改革特別委員会 2017.2.7

市政改革特別委員会。2017.2.7

市政改革特別委員会

平成29年2月7日
 市政改革特別委員会において、(1)「市政改革プラン2.0」の平成28年度取組状況(2)区政の検証について、理事者から説明があり、質疑が行われました。
 自民党大阪市会議員団からの質疑は以下の通りです。
【山本長助委員】
 区政の検証については、もっと厳しく改善点を見出す様なものにしなくてはならないのではないか。
 区民の声が現状で十分に区政に届いているとは言い難い。現状の改善を先ずすべき。
 区CM(シティーマネジャー)制度の改善点。
 大正区での窓口業務の不正問題について。     
【福田武洋委員】
 指定管理者制度について、本来の目的である市民サービスの向上につながっていないケースがある。
 対応が良くない管理者があり、選定基準などに課題があるのではないか。
 良いところは良いと評価すべきであるし、問題ある管理者に対してはしかるべき対処を。
【荒木肇委員】
 時間外勤務(長時間勤務)の現状確認、時間外勤務の削減に向けての取組み。
【太田晶也委員】
 区役所の駐車場料金についての改善点。
【森山よしひさ委員】
 区政会議の現状の検証。
詳細は、大阪市会のHPで3日後にアップされるネット録画放映などをご確認下さい。

yutube