公開質問状

平成27年2月19日
【公開質問状】
この様な内容をアップしなければならないのは本意ではありませんが、正すべきところは正し、疑問あるところについては確認すべきという観点からの行動です。

大阪維新の会所属で都島区選出の井戸正利大阪市会議員が発行する「井戸まさとしジャーナル Vol.21」の内容について、理解し難い表現があり、2月19日付けで公開質問状を提出致しました。

公開質問状の内容は下記の通りであります。

平成27年2月19日

大阪市会議員
井 戸 正 利  様

 

公 開 質 問 状

拝啓 時下、益々ご健勝のことと存じます。
さて、大阪市を廃止し特別区を設置するとした、いわゆる大阪都構想については兼ねてから各党・会派間で議論されてきましたが、貴殿配布の広報誌において、どの様な事実に基づいているのか理解できない記載内容がありますので、下記のとおり質問させていただきます。
また、議論を公平に進めるため、この質問と回答はホームページ等インターネットを通じて公開させていただきます。
なお、期限は2月26日までとし、文書での回答をお願いいたします。

敬 具

質問
2月15日に新聞折り込みされ、街頭などでも配布されている『井戸まさとしジャーナル Vol.21』の一文に「安倍総理も大阪都構想の目的を重要だと認識」との見出しで「大阪の自民党地方議員が自分たちの利権を守ろうと都構想に反対しているのは本当におかしな話です。」と記載があるが、自民党地方議員の利権とは何か。
自民党のみを指し、かつ大阪の地方議員という総称をもって指摘される「利権」とは何なのかが分からない状況で、広報されることに対しては甚だ遺憾である。
よって、明確な回答を求めるものである。

以 上

**************************************************************************

いうまでもなく、我々は具体的な事実を示して大阪市を廃止・分割する特別区設置に反対しております。

「利権」を守る???到底理解ができません。
この様な誤った表現によって、市民を誘導することはあってはならないと考えます。

もし、そういった「利権」があると認識しておられるとするのであれば、その具体の内容について、明確にご説明頂く必要があると考えます。

回答についても、改めてご報告させて頂きます。