民生保健委員会 附帯決議(住吉市民病院、国保、がれき、ゴミ処理経営形態)

〈民生保健委員会〉

議案第144号「平成25年度大阪市市民病院事業会計予算」及び
議案第183号「大阪市市民病院事業の設置等に関する条例の
      一部を改正する条例案」に対する附帯決議(案)

(仮称)大阪府市共同住吉母子医療センターの整備にあたっては、現行の住吉市民病院が担っている産科・小児科等の機能存続と南部医療圏の小児・周産期医療の充実のため、責任を持って民間病院の早期誘致を実施すること。
 

議案第133号「平成25年度大阪市国民健康保険事業会計予算」及び
議案第179号「大阪市国民健康保険条例の一部を改正する条例案」に対する附帯決議(案)

 国民健康保険料の改定にあたっては、現下の社会・経済状況を踏まえ、最大限圧縮するとともに収納率のより一層の向上に取り組むこと。
 

議案第126号「平成25年度大阪市一般会計予算」に対する附帯決議(案)

◎東日本大震災により生じた廃棄物の広域処理事業について、廃棄物処理の全過程において、セシウム等の放射線量や各種有害物質濃度の測定結果が基準値以上になった場合や想定外の新たな事実が出た場合、速やかに焼却を停止すること。

◎ごみ収集輸送事業、ごみ焼却処理事業の経営形態の移行については、市民に対する影響が大きいことを鑑み、市民生活に支障が生じないように最善の措置を講じること。