大阪市に対する緊急要望書(第1弾)

お知らせ 要望

【大阪市に対する緊急要望書(第1弾】
新型コロナウイルスの急速な感染拡大を受けて、国において発令された「緊急事態宣言」。対象地域である大阪府の中でも最も影響のある大阪市においても、危機意識を高めて対応しなければなりません。
松井市長に対して、自民大阪市議団として第1弾要望を致しました。
特に、中小企業等支援としての信用保証協会の保証料補助については、3月末の委員会や本会議でも既に要望させて頂いており、「緊急事態宣言」如何に関わらずコロナ対策として早急に対応すべきであると要望を続けている事項です。
重点項目は以下の通りです。
<医療体制強化と医療崩壊予防>

●軽症や無症状患者など向けに借り上げを行う民間ホテルにおける体制構築、重症患者の医療機関での病床確保など。
●PCR検査体制を強化し、対象を拡大させる。
<市民生活支援>
●入居者の収入激減に対しては、市営住宅家賃の減免や支払い猶予
●固定資産税・都市計画税・市民税、及び国民健康保険料・介護保険料・上下水道料金などの減免措置や支払い猶予
●生活支援資金の貸付制度について償還にかかる支払い猶予
<中小企業等支援>
●信用保証協会の保証料補助(2分の1補助)を実施
●休業要請実施の際は、施設・店舗棟への賃料保証等の措置
<教育現場支援強化>
●ネット学習支援策の整備
<財源確保>
●財政調整基金の活用
●国への財政的支援の要望
※詳細は下記の要望書をご確認下さい。


関連記事