令和元年11月1日:大都市・税財政制度特別委員会が開催されました。

令和元年11月1日:大都市・税財政制度特別委員会が開催されました。
大阪市の広報にて「いわゆる都構想」という言葉が出てきたことにおける課題。いつの間にか「総合区」の説明が消えてしまった点などについて川嶋委員から質疑がなされています。
報告動画はコチラ ▼

特別委員会の流れは下記の通りです。
(1)大都市税制の実態に即応する財源の拡充に関する要望運動の進め方について
(2)大都市制度(特別区設置)協議会について
(3)第32次地方制度調査会「市町村合併についての今後の対応方策に関する答申(案)」について
それぞれ理事者から説明があり、質疑が行われました。

◇川嶋 広稔 委員(東成区選出)
・大阪市の広報のあり方について
・法定協議会で議論中の内容についての市民への広報について

ちなみに、11月5日(火)には第28回の大都市制度(特別区設置)協議会が予定されています。